川口市安行八景 興禅院花暦

先日、安行興禅院へ行ってきました。
この寺へは、去年9月に行った時は、彼岸花が満開でした。この寺で黄色い彼岸花を初めて見ましたが、
すでに黄色の時期は終わりで、1本のみ見る事が出来ました。

この寺は、川口市の中では、草木の咲く寺として名が通った寺です。
例えば、春は桜、夏は彼岸花、秋は紅葉と四季を楽しめるお寺です。桜は今、八重桜が咲いていました。
八重桜に加えて、石楠花も咲いています。

恥ずかしいですが、石楠花が今頃、咲くのだと知りました。
山間だともう少し遅いような気がしましたが、、、、
標高差があるんですね。今は、入れませんが、6月になると紫陽花を見ることができ開園されるそうです。

では、今の季節の興禅院の新緑をお楽しみください。

今回、興禅院の建物は載せませんでしたが、先頭に鐘楼を載せました、周りの「八重桜」と「しだれ桜」が、
鐘楼を着飾っています。残念なのは、「しだれ桜」が終わってしまったことです。
6月の紫陽花を見に行ってください。

埼玉県川口市安行領家401

埼玉県川口市安行領家401 興禅院
では、またです。